メモとは何か? メモには3種類ある

日本語
(0)
701 

sudotom2020年10月21日12:37
須藤亮, メモ, 本, 日記, ノート,


今日はメモの話をします。

唐突ですみませんが、元々興味があったテーマなんです。(出版ブルーオーシャン戦略にも関連してきます)

さて、メモは、我々にとって、クリエイティブするための重要なツールですよね。

創作、戦略、デザインなど何でもいいんですが、いいクリエイティブを創り出すために、できれば効果的なメモを作って生かしたいですよね。

その辺を考えてみましょう。

そもそもメモは、脳が覚えきれないものを紙に残しておく備忘録から始まったと僕は考えますが、敢えてカテゴリー分けすると、メモというのは、3種類あるなあと思っています。

一つ目は、手帳。スケジュールやToDoリストを管理するもの

二つ目は、日記。付けること自体を楽しむ。振り返ることを楽しむ。エンタメに近いもの

三つ目は、ノート。学生の必須作業でもありますが、その意味を考えてみると、言わば、知識の備忘録

で、我々(クリエーター)にとって大事なのは、この3種類の中で言うと、言うまでもなく、ノートですよね。

画像1

なので、日頃ノートってどう取っているだろうと考えてみました。

学生のノートの取り方の作法がわかりやすいので、それで説明すると、

①教授、先生の言ってることを一生懸命書き込む

②そこに、自分の気づき、解釈を盛り込む

③関連するメモを集めて自分なりに整理してみる(テストの時など)

に大別されます。

時間軸で考えると、①と②は、ほぼ同時に行います。

また②は、あればあるほど、何て言うか、自分の身になるなあっていう感覚が僕にはあります。

③は、いざという時に、絶対必要な行為、というのも体感してますよね。

ということは、これを効果的にやっていけば、クリエイティブ作業に極めて役に立つメモが取れるということですね。

なので、こういうふうに整理してみました。

まず、①+②=「思考メモ」と名付け、日々の行為としてやっていく。

③は、「思考メモ」の蓄積をながめながら、新しい発想のトリガーにする。

図にするとこんなイメージです。

画像2

 



コメント ログイン

翻訳する